顎ニキビ 睡眠不足

顎ニキビは睡眠不足で悪化!?肌トラブルの原因と見直すべき生活習慣

睡眠不足がお肌に良くないということは多くの方がご存知だとは思いますが、睡眠不足は顎ニキビの原因にもなっています。なかなか治らず繰り返しやすい顎ニキビは、慢性的な睡眠不足が影響している可能性があります。

 

そこで今回は睡眠不足と顎ニキビの関係について、詳しくご説明していきます。
顎ニキビを改善するためにもぜひ参考にして、日頃の生活習慣の見直しを始めてみましょう。

 

顎ニキビが悪化する…睡眠不足が肌に与える影響

 

忙しい毎日の中でついつい睡眠時間が削られて、睡眠不足が続いているという方も多いのではないでしょうか。慢性的な睡眠不足になると、顎ニキビができやすくなり、お手入れしてもなかなか治らないという状態が続いてしまいます。

 

「大人ニキビ」といわれる顎ニキビは、10代の頃のおでこや頬にできる皮脂性のニキビと違い、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れ、肌状態が不安定になることが原因となっています。

 

そのため、いくらスキンケアを強化しても、肌自体が不安定なままではスキンケアの効果も実感しにくく、顎ニキビは治らずに悪化したり繰り返しやすくなったりしてしまうのです。そしてそんな肌状態を不安定にする原因に睡眠不足が大きく関係しているのです。

 

私たちの睡眠中には、成長ホルモンが最も多く分泌されるようになります。成長ホルモンとは肌のダメージ修復や肌のターンオーバーを促す効果があり、美肌を維持するために重要な働きをするホルモンです。

 

睡眠不足になると、この成長ホルモンの分泌量が減少し、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に蓄積し、皮脂とともに毛穴詰まりを起こしやすくなり、顎ニキビができやすい肌質へと変化していきます。

 

また睡眠不足は、自律神経やホルモンバランスまでにも影響を与えるようになり、更にターンオーバーのサイクルが乱れ、皮脂の分泌を促し、肌の状態を悪化させていきます。一度サイクルが乱れると改善が難しくなるので、早期に睡眠不足を解消することが重要です。

 

顎ニキビの改善のために!見直すべき生活習慣

 

なかなか治らない顎ニキビを治すために、まずは日頃の睡眠状況を見直すことから始めてみましょう。美肌のためには8時間程度の睡眠が理想ではありますが、毎日長時間の睡眠をとるのが難しいという方は、睡眠の質のこだわるようにしてみましょう。

 

睡眠時間が短くても、眠りについてからの3時間が最も成長ホルモンが盛んに分泌されているので、この時間に質の良い睡眠をとることを心がければ、長時間睡眠をとったのと同じ美肌効果を得られるようになります。

 

睡眠から3時間に深い眠りにつくためには、睡眠前から準備をすることが大切です。
寝る前に入浴し体を温めて眠るという方も多いようですが、体を温めすぎると逆に眠れなくなってしまうので、入浴は寝る1時間前までに終わらせるようにしましょう。

 

また多くの方が使用しているパソコンやスマホはブルーライトが発生しており、脳に刺激を与えて覚醒してしまうので、睡眠1~2時間は使用を控えましょう。眠れないから…とスマホを見ると更に眠れなくなるので、ベッドにはスマホを持ち込まないようにしましょう。

 

寝る前だけでなく、朝起きたらカーテンを開け日光を体全身で浴びるようにし、日中活動的に動くことで、体内時計がリセットされ、夜には自然と眠たくなりスムーズな入眠ができるようになります。

 

質の良い睡眠をとるためには、特に何か特別なことをしなければいけないということはありません。生活習慣の中で睡眠に対して意識を変えるだけで、美肌のための必要な睡眠効果を得ることができるようになります。

 

なかなか治らない顎ニキビの改善にはスキンケアも大切ですが、まずは睡眠不足を解消し、肌自体の免疫力を高め、ニキビや肌トラブルのない美しい肌作りを心がけましょう。

 

睡眠不足を解消し顎ニキビのない美肌へ!

 

睡眠不足は美容に健康に、様々な面にマイナスな影響を与えてしまいます。顎ニキビのない美しい肌を目指すためにも、ぜひ質の良い睡眠を意識して、生活習慣の見直しを行ってみましょう!