顎ニキビ 治し方

なかなか治らない!気になる顎ニキビの効果的な治し方

一度顎ニキビができると繰り返したり悪化したりと、なかなか治りません。
一生懸命お手入れしても改善しない顎ニキビは、原因に対するアプローチができていないことが考えられます。

 

そこで今回は気になる顎ニキビができる原因や効果的な治し方について、詳しくご説明していきます。
なぜなかなか顎ニキビが治らないのか、ぜひ参考にしてみましょう!

 

顎ニキビがなかなか治らない原因は?

 

顎ニキビができてしまった時、あなたはどんなお手入れをしていますか?
いくらお手入れしても顎ニキビがなかなか治らない原因は、肌質自体がバランスを崩しているため、スキンケアの効果得づらく、顎ニキビが改善されないことが挙げられます。

 

ではなぜニキビができやすい肌質になってしまうのか…、それは顎ニキビがおでこや頬にできる皮脂性のニキビとは違い、生活習慣や体調などの影響が原因となっているため、スキンケアだけでなく、悪影響となっている要因を根本的に改善していくことが重要です。

 

まず原因となっているのがホルモンバランスの乱れです。生理前に顎ニキビや肌荒れが酷くなる…という方は、まさにホルモンバランスの乱れによって、肌トラブルが生じているということが言えます。

 

女性の身体にはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されることにより、健康的な体を維持しています。ホルモンの分泌量は脳内の視床下部でコントロールされており、月経周期に合わせて増減しながらバランスを保っています。

 

特に生理前になるとエストロゲンが減少し、プロゲステロンの分泌量が増えるようになります。プロゲステロンは基礎体温を上げたり子宮内を整えたりと、妊娠しやすい身体をつくる働きがありますが、同時に皮脂分泌を増やし、肌バランスを不安定にしてしまうのです。

 

どちらのホルモンも重要な働きがありますが、多すぎても少なすぎても、肌を不安定にしてしまうので、ホルモン分泌のバランスが整っていることが、美しい肌を維持するためには重要です。

 

そしてホルモンバランスの乱れは月経周期だけでなく、生活習慣によっても大きく影響を受けています。例えば、睡眠不足・栄養不足な食事・運動不足・ストレスなど不規則な生活が女性ホルモンの分泌リズムを乱す原因になっています。

 

また生活習慣の乱れはホルモンバランスだけでなく、肌のターンオーバーのサイクルも乱すことになり、顎ニキビができやすい不安定な肌質へと変化し、お手入れしてもなかなか治らない顎ニキビになってしまうのです。

 

顎ニキビの効果的な治し方

 

ホルモンバランスやターンオーバーの乱れによって、Tゾーンやフェイスラインにベタつきを感じやすくなりますが、お肌が乾燥していることで皮脂分泌が過剰になっているので、皮脂を抑えるお手入れをしてしまうと、更に皮脂分泌を促してしまいます。

 

顎ニキビの効果的な治し方としては、保湿を重視したスキンケアと生活習慣の見直しを意識して行うことが大切です。先述の通り、生活習慣は顎ニキビの大きな原因になっているので、早期に見直して肌質の改善を目指しましょう。

 

特に睡眠はホルモンバランスやターンオーバーを整えるためには重要なポイントです。
睡眠中にはダメージを回復させ、体の調子を整える成長ホルモンの分泌が盛んになります。
質の良い睡眠を意識すれば、成長ホルモンの影響を効果的に得ることができます。

 

質の良い睡眠をとるためには、まず体内時計を整えることが大切です。朝起きたらカーテンを開けて日光を浴びるようにしましょう。日光により体内時計がリセットされると、夜は自然と眠たくなり、スムーズに入眠できるようになります。

 

寝る前にパソコンやスマホのブルーライトを浴びると脳が刺激され眠れなくなってしまうので、寝る1~2時間前には使用を控えて、ゆったりとしたリラックスタイムを過ごすようにしましょう。

 

質の良い睡眠をとることができるようになると、ホルモンバランスやターンオーバーなど体のリズムが整うようになるので、顎ニキビなどの肌トラブルが起きにくい肌質へと変化していきます。

 

 

なかなか治らない顎ニキビは効果的に治そう!

 

肌バランスが不安定になると、一生懸命お手入れをしてもその効果を実感しにくく、気になる顎ニキビもなかなか治りません。顎ニキビを効果的に治すためには、まず生活習慣を見直し、体のリズムを整えることから始めてみましょう!