顎ニキビ 産後

産後の気になる肌トラブル!顎ニキビができる原因と対処法

産後には体に様々な変化やマイナートラブルが現れるようになります。
顎ニキビも産後に起こりやすい肌トラブルの一つで、出産を機に顎ニキビが治らなくなってしまったという方も少なくありません。

 

なぜ産後に顎ニキビができやすくなるのか、その原因や対処法について詳しくご説明していきます。産後の体に起こる変化とは何なのか、ぜひ参考にして元の体へと早期に戻れるように心がけましょう。

 

産後に顎ニキビができやすくなる原因

 

産後に顎ニキビができやすくなる一番の原因はホルモンバランスの乱れです。
女性はホルモンの影響によって、体には様々な変化を現れるようになりますが、特に産後はホルモンバランスが急激に変化していきます。

 

妊娠中は、妊娠状態を継続させるためにエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が盛んになります。妊娠中はこのホルモンの分泌量が増減しながらお腹の中の赤ちゃんの成長をサポートしています。

 

妊娠後期頃には、さらにホルモンの分泌量が増えますが、出産と同時に一気にエストロゲンとプロゲステロンの分泌が減り、代わりにプロラクチンというホルモンが盛んに分泌されるようになります。

 

プロラクチンも女性ホルモンの一種で、出産後に乳腺を発達させて母乳の分泌を促す働きがあり、乳汁分泌ホルモンとも言われています。このホルモンは母乳の分泌以外にも、子宮を収縮させる働きもあるので、産後の体には重要なホルモンです。

 

このように妊娠と出産を機に、エストロゲン・プロゲステロンの分泌が減少し、プロラクチンへとスイッチすることで、体内のホルモンバランスが急激に乱れるため、身体には様々なマイナートラブルが生じていきます。

 

顎ニキビもそんなホルモンバランスの乱れで起きるトラブルの一つです。
その他にもむくみ・抜け毛・シミ・肌荒れ・精神不安などが現れるようになります。

 

また産後は赤ちゃんとの新しい生活が始まり、思うように食事や睡眠がとれなかったり、慣れない育児にストレスを感じたりと、肌荒れを起こしやすい環境であることも、顎ニキビができる原因になっています。

 

一般的には産後1~2ヶ月程度でホルモンバランスの変化に体が慣れ、赤ちゃんとの生活にも生活リズムをつけやすくなり、徐々に体が元に戻っていきますが、月経が再開する1~2年の間は、体の変化に注意しながら無理をせずに過ごすようにしましょう。

 

産後の顎ニキビを改善する対処法

 

産後の顎ニキビの原因はホルモンバランスの乱れが原因となっていることがほとんどなので、ホルモンバランスが変化する産後1~2ヶ月は顎ニキビや肌荒れなど、ある程度の肌トラブルは誰でも起こりうるので、あまりストレスを溜めないことが大切です。

 

顎ニキビの改善にホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活を心がけることが大切ですが、産後は赤ちゃんのお世話や夜間の授乳など、赤ちゃんの生活リズムが整うまでは、生活は不規則になりがちです。

 

産後はなかなかまとまった睡眠をとることが難しくなりますが、赤ちゃんと一緒に昼寝をしたり、パパに協力してもらい休日はしっかり睡眠をとったりと、できる範囲で睡眠をとるように心がけましょう。

 

また産後は赤ちゃんのお世話に追われて、落ちついて食事をとることも難しくなることがあります。パンやお菓子など手軽に食べれるものに走りがちですが、栄養バランスが乱れると顎ニキビの改善も難しくなってしまいます。

 

栄養バランスを意識した野菜中心で脂質の少ない食事は、顎ニキビの改善だけでなく、母乳の質も向上するので、自分と赤ちゃんのためにも、産後は栄養バランスの良い健康的な食事をとるように意識しましょう。

 

特に大豆に含まれるイソフラボンは、不足した女性ホルモンと似た働きをするため、ホルモンバランスを補う効果が期待できます。
豆乳・納豆・豆腐など、大豆製品も積極的に取り入れるようにしてみましょう。

 

産後の体を労わって顎ニキビを改善しよう!

 

出産は女性の身体に大きな変化をもたらします。女性の身体から、徐々に赤ちゃんを育てるために適した体へと変化していく重要な時期でもあるので、元の体の状態に戻るまでは、無理をせずに体と向き合っていくことが大切です。

 

体の調子が整ってくれば、気になる顎ニキビも徐々に改善していくので、あまりストレスを溜めずに赤ちゃんと一緒にゆったりと過ごすようにしましょう。