顎ニキビ 再発

繰り返しやすい肌トラブル!顎ニキビが再発した時の対処法

顎ニキビは一度できると繰り返しやすく、一生懸命ケアしてもなかなか治ってくれません。
そこで今回は、なぜ顎ニキビは再発しやすいのか、気になる原因について詳しくご説明していきいます。

 

再発しやすい原因を理解することで、本当に必要な対処法が見えてくるはずです。
ぜひ参考にして、顎ニキビの再発を効果的に予防しましょう!

 

顎ニキビが再発しやすい原因は?

 

顎ニキビは一生懸命ケアしてやっと治っても、また再発してしまうことが多く、繰り返しやすいニキビとしてお悩みの方も多い肌トラブルです。
なぜ顎ニキビが再発しやすいのか…、それは顎ニキビができる原因に問題があるからです。

 

顎ニキビができる原因は、日頃の生活習慣やホルモンバランス、また精神的な影響によって生じています。そのためスキンケアで外側からのお手入れをするだけでは、肌質の根本的な改善になっておらず、再発を繰り返してしまうのです。

 

顎ニキビは、睡眠不足・運動不足・乱れた食生活・過度のストレスなどにより、肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルが崩れてしまうことで、肌トラブルを起こしやすい肌質へと変化してしまうのです。

 

肌は表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっており、肌表面の表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層に分かれています。表皮の一番内側である基底層から新しい細胞が生まれることで肌表面に押し上げられ、古い角質となった細胞が剥がれ落ちていくことになります。

 

この新しい細胞が生まれ古い角質が排出されることをターンオーバーと言い、このサイクルが整っていれば美しい肌を維持することができます。しかし不規則な食生活によって影響を受け、ターンオーバーが乱れると、不要な角質が肌表面に蓄積するようになります。

 

肌表面に不要な角質が蓄積すると、乾燥や肌のゴワつきを感じやすくなり、うるおいを失った肌はバリア機能も低下してしまいます。バリア機能が弱まった肌は、肌を守るために多くの細胞を生み出すようになり、未熟な細胞がどんどん増えていきます。

 

未熟な細胞が増えることで、不要な角質の排出がスムーズに行われず、さらに肌表面は角質化していきます。バランスを崩した肌は毛穴詰まりを起こしやすくなり、顎ニキビができやすくなっていきます。

 

また生活習慣が乱れることで、ホルモンバランスも影響を受け、皮脂分泌を過剰にしたり、さらにターンオーバーのサイクルが崩れたりと、肌の状態を悪化させてしまうのです。

 

このように不規則な食生活やストレスをため込んでいると、慢性的に肌状態が不安定になり、顎ニキビを繰り返しやすくなってしまうのです。顎ニキビを改善するためには、日頃の生活の中で悪影響になっている要因を見直していくことが重要なポイントになります。

 

顎ニキビの再発を防ぐための対処法

 

顎ニキビの再発を防ぐためには、まず日頃の生活習慣を見直す必要があります。
特に意識して改善したいのが、睡眠不足です。睡眠中には成長ホルモンが最も分泌されており、体のダメージ修復や新しい細胞を生み出す重要な時間です。

 

慢性的な睡眠不足は、ターンオーバーのサイクルを崩す一番の原因になってしまいます。睡眠はストレスの解消にも効果的なので、質の良い睡眠を日頃から心がけておきましょう。

 

就寝前にスマホやパソコンを使用しているとブルーライトの影響で寝つきが悪くなる傾向にあります。睡眠不足を防ぐためにも、就寝1時間前くらいからスマホやパソコンの操作を止めて、心と体をリラックスさせて質の良い睡眠をとる環境を整えておきましょう。

 

次に食事です。食健康で美しい肌を作るためには食事から得る栄養素が重要なポイントです。忙しい毎日の中でついついファストフードやカップ麺のような食事が多くなってしまうと、美肌をつくることが難しくなってしまいます。

 

またカロリーの高い脂っこい食事やクリームやチーズなどの乳製品は、皮脂分泌を促す原因になるので、和食のような脂質が少なく、多くの栄養素を摂取できるような食事を心がけてみましょう。

 

このように生活習慣を少しずつでも見直すことができれば、再発しやすい顎ニキビもキレイに改善し、肌質自体がニキビのできにくい健康な肌へと変化していきます。

 

再発しやすい顎ニキビは根本的な改善を!

 

顎ニキビができてしまった時には、スキンケアを強化して行うことも大切ですが、ニキビができやすい肌環境自体を変えることができなければ、またすぐに再発しいてしまいます。

 

今回ご紹介した顎ニキビが再発しやすい原因を参考に、自分の日頃の生活に当てはめながら、肌質改善のためにできることを考えてみましょう。