顎ニキビ 原因

顎ニキビができる気になる原因と効果的なお手入れのポイント

気付くとできている顎ニキビ、一度できてしまうとなかなか治らずに、ついつい触ったり潰したりしてしまう方も多いことでしょう。
顎ニキビを改善するためには、まずできてしまう原因について知っておく必要があります。

 

顎ニキビはなぜできるのか、その原因について詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にして、顎ニキビができる原因に合わせた効果的な対処法を取り入れていきましょう。

 

顎ニキビができる気になる原因は…

 

10代の頃におでこや頬にできていたニキビの原因は、成長期に見られる皮脂の過剰分泌によって起こることがほとんどでしたが、20代にもなるとニキビができる原因は少しずつ変わっていきます。

 

特にフェイスラインにできる顎ニキビは「大人ニキビ」とも言われ、10代とは違う原因によって生じているため、皮脂を抑えるお手入れをしているだけでは、なかなか改善せずに根深い肌トラブルとして深刻化してしまいます。

 

顎ニキビができる原因は大きく分けて3つあり、まずは自分の顎ニキビがなぜできているのか、その原因を理解し、原因に対してアプローチすることで、今までなかなか治らなかった顎ニキビを改善することができます。

 

まず顎ニキビの原因の一つ目はスキンケアです。ニキビが気になるから…と10代の頃のままのイメージで、皮脂を抑えるニキビケアやサッパリ系のスキンケアを使っていると、肌の状態は改善されることはありません。

 

10代とは違い、20代を過ぎたころからできるニキビは乾燥が原因になっていることが多く、洗顔のしすぎや皮脂を抑制するサッパリ系のスキンケアでは、逆に肌の乾燥が進みニキビを悪化させてしまうのです。

 

おでこニキビであれば皮脂による影響も考えられますが、顎ニキビには肌が乾燥している時に悪化しやすいため、肌が柔軟性をなくしゴワつきを感じやすくなります。顎ニキビを改善するには大人ニキビに合わせたスキンケアへとシフトしていく必要があります。

 

2つ目の原因が、食事による影響です。最近は私たちの食事も欧米化しており、カロリーが高く脂っこいコッテリしたものが増えています。このような食事が多くなると、自然と皮脂の分泌量も増え、顎ニキビができやすくなってしまうのです。

 

またダイエットによる過度の食事制限、ファストフードやコンビニ弁当などの栄養バランスの偏った食事が多くなってしまうと、お肌の健康を保つための十分な栄養が得られなくなり、肌状態がどんどんと悪化していきます。

 

そして最後に3つ目の原因はホルモンバランスの乱れです。フェイスラインにできるニキビは日頃の生活習慣の影響を受けて生じる傾向にあり、睡眠不足・運動不足・ストレスなどによってホルモンバランスが乱れ、顎ニキビが悪化してしまいます。

 

このような生活習慣が原因になっていることも「大人ニキビ」と言われる要因でしょう。
特に女性は月経周期によってもホルモンが乱れてしまうため、生理前に顎ニキビができるという方が多いのもそのためです。

 

ホルモンバランスは些細な原因でも乱れてしまうため、顎ニキビを改善するためには、スキンケアの見直しだけでなく、ホルモンバランスを整えるために、生活習慣の見直さなくては根本的な改善が難しいでしょう。

 

このように顎ニキビができる原因は大きく分けて3つありますが、どれか一つが原因になっているのではなく、全ての原因が複合して顎ニキビが悪化していることが多いので、総合的に生活習慣を見直すことが重要なポイントになります。

 

顎ニキビができる原因に合わせた対処法

 

顎ニキビを改善するためには、まず生活習慣の見直しから始めてみましょう。先述の通り、睡眠不足・運動不足・ストレスなど不規則な生活によってホルモンバランスが乱れる原因になっているので、少しずつでも徐々に改善するようにしましょう。

 

食生活の面でも、脂質が少なく栄養バランスが整った食事を意識しましょう。特に和食は脂質・栄養ともに優れた食事と言えます。和食中心の食事を心がけ、私たちの体に合った栄養素を上手に補うように意識してみましょう。

 

このように生活習慣や食事を見直すことで、肌状態は十分に改善していきます。
あとは肌の状態に合わせた保湿を重視したスキンケアで、急な変化に負けないお肌作りをしていきましょう。

 

顎ニキビの原因は早期に回避して!

 

顎ニキビができるのは生活習慣や食事の影響を受けやすいため、スキンケアだけでの改善は難しいでしょう。また生活習慣や食事を見直したからと言って、すぐに肌状態に反映するわけでもありません。

 

顎ニキビができる時には、そうした生活や食事によって体に負担が出ているという証でもあるので、早めに対処して肌への影響を最小限に抑えられるように、日頃から意識して生活してみましょう。