顎ニキビ 炎症

治らない痛みのある顎ニキビ!炎症が続く原因と効果的なお手入れ法

真っ赤に腫れ上がった顎ニキビは、お肌の中で炎症が続いている状態です。
そのままの状態を放置していると、ニキビ跡が残ったり、繰り返しやすくなったりしてしまうので早期に対処しておくことが大切です。

 

そこで今回は顎ニキビの炎症が長引く原因や効果的なお手入れについて、詳しくご説明していきます。
ぜひ参考にして、顎ニキビができた際には早めに対処するようにしましょう!

 

顎ニキビの炎症が続く原因は…

 

一生懸命お手入れしてもなかなか治らない顎ニキビ、赤みや痛みが伴う場合は特に気なってしまうものです。顎ニキビが治らない原因は、お肌の中で起こった炎症が治まっていないことが考えられます。

 

顎ニキビができる原因は、皆さんもよく聞かれたことがあるアクネ菌という肌の常在菌が毛穴の中で増殖し、炎症を起こしているからなんです。

 

お肌に悪影響と思われがちなアクネ菌ですが、実は肌を保湿したり、雑菌の侵入を抑制したりと、肌バランスを整えるために重要な菌の一つです。ではなぜお肌にとって良い働きをするアクネ菌がニキビの原因になってしまうのか…それはアクネ菌の性質に関係しています。

 

アクネ菌は空気に触れることを嫌い、皮脂を好むという2つの性質をお持ち合わせており、なるべく空気に触れない毛穴の中に生息しています。お肌の状態が落ち着いてる間は問題ありませんが、皮脂や老廃物が毛穴に詰まることで肌状態は徐々に変化していきます。

 

皮脂や老廃物が毛穴に詰まると、毛穴の中にいるアクネ菌は更に空気に触れることが少なくなり、アクネ菌が住みやすくなる絶好の環境となり、毛穴に詰まった皮脂を栄養にして、アクネ菌がどんどんと増殖していくことになります。

 

アクネ菌が毛穴の中で増殖し、肌細胞を刺激するようになると、肌をアクネ菌から守るために白血球の働きが活発化し、アクネ菌と戦うようになります。
このアクネ菌と白血球の戦いが毛穴の炎症となり、ニキビになってしまうのです。

 

顎ニキビを改善するためには、この皮膚の炎症を鎮静化させる必要があります。
炎症状態が長く続いてしまうと、ニキビ跡が残りやすくなります。炎症により肌の損傷が大きくなるとクレーター状のニキビ跡が残り、凹凸肌になってしまうこともあります。

 

顎ニキビができてしまった時には、早期に適切なお手入れをして、お肌の炎症状態を長引かせないように心がけましょう。

 

顎ニキビの炎症を抑えて改善する方法

 

顎ニキビができてしまった時には、お肌を清潔に保つことが重要です。
ニキビができた時に洗顔を強化する方は多いようですが、間違った洗顔は逆に肌の状態を不安定にして顎ニキビを悪化させてしまいます。

 

洗顔は皮脂やメイク、その他の汚れなどを取り除くスキンケアの重要なポイントです。
顎ニキビを改善するためにも、正しい方法でしっかりと洗顔をしていきましょう。

 

ゴシゴシ洗ってしまうと肌の負担になってしまうので、洗顔料をネットなどで泡立ててから洗顔するようにしましょう。特にニキビの炎症がひどい部分は、なるべく摩擦を起こさないように泡で洗い上げるイメージで丁寧に洗いましょう。

 

洗顔料のすすぎ残しもニキビの悪化に繋がります。冷たすぎる水は毛穴に汚れを残し、熱すぎるお湯は肌を乾燥させる原因になるので、30℃~32℃程度のぬるま湯で洗い流します。小鼻の周り・フェイスラインは特にすすぎ残しやすいので、念入りに流しましょう。

 

洗い終わった後もタオルでゴシゴシと拭いてしまうのはやめましょう。擦らずにポンポンと優しく水気を吸い取るようにタオルをあてましょう。洗顔後は保湿のお手入れをしっかり行い、肌の状態を安定させるようにしましょう。

 

洗顔を一日に何度も行ってしまうと、逆に肌の乾燥の原因となり、顎ニキビの改善を遅らせてしまうので、朝・晩の2回行うようにして、朝の洗顔は洗顔料を使わない水(ぬるま湯)洗顔にしましょう。

 

お肌を清潔に保ち、お肌にうるおいを与えることで、肌のバリア機能を高めることができ、徐々に顎ニキビの炎症も落ち着いてくるはずです。洗顔と保湿を意識して肌トラブルを回避しましょう。

 

顎ニキビの炎症は早期に対処して!

 

顎ニキビの炎症がひどい時には、色々とスキンケアをプラスするよりも、洗顔と保湿のシンプルケアを丁寧に行うことが大切です。まずはスキンケアの基本に戻って、お肌の状態を安定させましょう。

 

先ほどもお伝えしましたが、炎症が長引くと改善が難しいニキビ跡になり、お肌に深刻な問題を残してしまうので、お手入れしても炎症が治まらない時には、早期に皮膚科を受診し、早めに対策をするようにしましょう。