顎ニキビ 洗顔

スキンケアの基本!顎ニキビの改善は洗顔の見直しから始めよう!

顎ニキビができると、いつもより念入りにスキンケアを行っている方も多いことでしょう。
しかし肌トラブルを改善するためには、まず日頃の洗顔を見直すことが、美肌のためには重要なポイントになります。

 

一生懸命スキンケアしても、洗顔がしっかりできていなければ逆に顎ニキビを悪化させてしまうことも考えられます。そこで今回は顎ニキビを改善するために、お手入れの基本でもある洗顔について詳しく見直していきましょう!

 

顎ニキビの改善に洗顔の見直しが重要!

 

顎ニキビができると、毛穴の汚れやベタつきを解消する為に、ゴシゴシと一生懸命洗顔を強化してしまう方がいますが、これは顎ニキビの改善には逆効果で、肌質を更に悪化させてしまう原因になってしまいます。

 

まず理解しておきたいのが、顎ニキビは10代の頃の過剰な皮脂分泌によってできるおでこや頬のニキビとは違い、生活習慣やストレスの影響を受けて生じているニキビということです。顎ニキビが「大人ニキビ」と言われるのはそういった原因からと言えるでしょう。

 

10代の頃の皮脂性のニキビであれば、洗顔を強化し余分な皮脂や汚れを洗い流すことも効果的なお手入れですが、顎ニキビはターンオーバーが乱れ、肌が乾燥していることが原因で起こっているため、ただ皮脂を取り去るだけでは、更に肌の乾燥が進んでしまいます。

 

不規則な生活やストレスによって肌のターンオーバーが乱れると、不要な角質が肌表面に蓄積してしまうため、肌はうるおいを失いゴワつきやすくなっていきます。肌が角質化していくとスキンケアの効果も実感しにくくなり、肌のバリア機能は著しく低下していきます。

 

バリア機能が低下すると、肌を守ろうとする働きから皮脂の分泌が促されますが、うるおいが不足しているため、皮脂や古い角質が毛穴に詰まり、ニキビの原因となります。特にフェイスラインは毛穴が多く分布しているため、顎ニキビが増えてしまうのです。

 

上記のことからも、顎ニキビを改善するための洗顔のポイントは、皮脂を抑えるだけではなく、保湿で肌にうるおいを与えることと、肌表面に蓄積している古い角質を排出し、ターンオーバーを整えることです。

 

このように顎ニキビを改善するための洗顔のポイントがわかれば、選ぶ洗顔料や洗顔の仕方にも見直しが必要になっていきます。

 

顎ニキビに効く!正しい洗顔方法

 

顎ニキビを改善するためには、まず洗顔料選びも重要なポイントになります。洗顔すると肌は乾燥しやすくなるので、保湿効果のある洗顔料を選べば、乾燥を防ぐことができます。
ミルクやクリームタイプは保湿効果が高いのでオススメです。

 

古い角質を排出するピーリング効果のある洗顔料もオススメですが、粒子の荒いスクラブが入っていると、肌の負担が大きくなってしまうので、スクラブ入りの洗顔は控えるか、粒子が細かく肌触りが優しいものを選びましょう。

 

自分の肌質に合った洗顔料選びができたら、次は正しい洗顔方法です。

 

洗顔する時は、そのまま洗顔料を顔に乗せると肌負担になってしまうので、まずは顔を濡らしておきましょう。ネットなどを使って、洗顔料をしっかり泡立ててから、手の摩擦を感じないように泡で洗い上げるイメージで洗顔を行っていきましょう。

 

小鼻・Tゾーン・フェイスラインと汚れや皮脂が溜まりやすい部分もしっかり洗ったら、すすいでいきます。熱すぎるお湯は肌の乾燥に、冷たい水は毛穴に汚れを残す原因になってしまうので30℃~32℃程度のぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

 

すすぎ残しで肌に洗顔料が残ってしまうと、毛穴詰まりや肌トラブルの元になってしまうので、洗顔料が残りやすい髪の毛の生え際・小鼻・鼻の穴・フェイスラインは特に念入りにすすぐようにしましょう。

 

洗顔後はタオルでゴシゴシ拭かずに、ポンポンとタオルを優しく当てながら水分を拭き取りましょう。その後保湿を重視したスキンケアで、お肌にしっかりうるおいを与えながら状態を安定させましょう。

 

洗顔を見直して気になる顎ニキビを改善しよう!

 

スキンケアの基本とも言える洗顔は、肌の状態に合わせて行うことが重要です。
肌に合わせた洗顔ができれば、その後のお手入れの効果もグッと上がり、肌質の改善もより早く実感できるようになります。

 

顎ニキビの改善に色々なお手入れを試す前に、まずは基本に立ち返って日頃の洗顔料や洗顔方法の見直しから始めてみましょう!