顎ニキビ オロナイン

気になる効果を徹底検証!顎ニキビの改善にオロナインは有効なのか?

お家の万能薬と言えば…と聞かれると、ほとんどの方が「オロナイン」と答えるのではないでしょうか?多くの方が一度は目にしたり、使ったりしたことのある「オロナイン」ですが、一体どこまでの肌トラブルまでケアすることができるのでしょうか。

 

そこで今回は顎ニキビの改善にも「オロナイン」は有効なのか、気になる効果について徹底検証してみました。「オロナイン」を効果的に使用するためにも、ぜひ参考にして顎ニキビの改善を目指しましょう!

 

顎ニキビに効く!オロナインってどんな薬?

 

とりあえずオロナイン…、と万能薬として愛用されている「オロナイン」。
常備薬として置いてあるお家も多いのではないでしょうか。そんな「オロナイン」は何と1953年に発売されており、かなり昔から愛用されている薬です。

 

ケガをしたり火傷をしたりした時に、とりあえず塗る薬という認識の方が多く、本当はどんな効果があるのかよく知らないという方も少なくありません。

 

「オロナイン」の効能・効果には、ニキビ/吹出物/はたけ/やけど(かるいもの)/ひび/しもやけ/あかぎれ/きず/水虫(じゅくじゅくしていないもの)/たむし/いんきん/しらくも、と実際に商品に記載されています。

 

意外にも「オロナイン」の効果として最初に謳われているのが、ニキビや吹出物といった肌トラブルなのです。「オロナイン」は何にでも効くという感じがしますが、切りきずや擦りきずよりも、ニキビの改善に「オロナイン」は、より高い効果を発揮してくれるのです。

 

「オロナイン」の主成分として、クロルヘキシジングルコンサン酸塩液が配合されており、この成分は殺菌や抗菌に高い効果があり、皮膚の常在菌が原因になって生じる顎ニキビに、しっかりと作用してくれるのです。

 

顎ニキビの原因となっているのが、アクネ菌と言われる菌です。
アクネ菌はニキビの原因菌として知っている方も多い菌ですが、通常であれば肌のバランスを整えるために働いている、特に問題を起こす菌ではありません。

 

アクネ菌は嫌気性という空気に触れることを嫌う性質なので、皮膚の中でも空気との接触が少ない毛穴の中に生息しているのですが、様々な原因によって皮脂や老廃物が毛穴に詰まると、アクネ菌にとって更に空気に触れることがない住みやすい環境になっていきます。

 

アクネ菌は皮脂を好む性質もあるので、皮脂や老廃物で塞がれた毛穴の中で、どんどんと栄養を蓄えながら増殖していきます。アクネ菌が過剰に増殖することで、毛穴で炎症を引き起こしニキビができるようになるのです。

 

顎ニキビを改善するためには、毛穴で生じたアクネ菌の増殖を抑制し、炎症を鎮静させることが重要になります。「オロナイン」の殺菌・抗菌の高い効果が、そんな顎ニキビの改善に期待できると言えるでしょう。

 

顎ニキビの改善にオロナインを効果的に使用する方法

 

顎ニキビの改善に「オロナイン」を使用する時には、まずしっかり洗顔をして皮膚を清潔な状態にしておきましょう。「オロナイン」は肌全体に伸ばすのではなく、顎ニキビにピンポイントで付けるようにしましょう。

 

ニキビの初期の段階である白ニキビは2~3日、炎症で赤みや痛みを伴っている赤ニキビであれば1週間程度で改善されていきますが、「オロナイン」を使用して1週間経っても症状に変化がない場合や悪化する場合は、使用を控えて皮膚科を受診するようにしましょう。

 

顎ニキビができている時には日ごろ使っているスキンケアが刺激になってしまうこともあるので、顎ニキビができている部分への使用は控えることをおすすめします。スキンケアをする場合は、スキンケアの最後に「オロナイン」を塗るようにしましょう。

 

「オロナイン」は顎ニキビの改善に高い効果がありますが、美白に効果のある成分が含まれていないので、跡になってしまったニキビの改善には期待できません。ニキビ跡は色素沈着すると改善が難しくなるので、美白のケアで早期に対処するようにしましょう。

 

顎ニキビはオロナインで治そう!

 

「オロナイン」は多くの肌トラブルの改善に効果が期待できるお薬ですが、効能・効果や使い方をしっかり理解して、効果的に使用することが大切です。

 

繰り返しやすい顎ニキビは「オロナイン」で正しくケアすれば、美しい肌へと徐々に改善していくので、お肌の状態を見ながら適切にお手入れすることを心がけましょう。